1. TOP
  2. 吹かず、弾かず、叩かず、「4分33秒」の無音の楽曲が凄い!!

吹かず、弾かず、叩かず、「4分33秒」の無音の楽曲が凄い!!

音楽知識【ネタ】 この記事は約 2 分で読めます。 101 Views

ジョン・ケージ作曲、無音の音楽「4分33秒」

ジョン・ケージが1952年に作曲した「4分33秒」は、全楽章に渡って全く演奏することのない、無音の音楽。

驚くのは、4分33秒沈黙を続けるとこの曲を複製したと見なされ著作権違反となるらしいです。(これはJASRACの公式見解なので間違いありません。)実際の演奏はというと揮者がタクトを振ることはなく、オーケストラの面々も楽器を用意してはいるものの、吹かず、弾かず、叩かずに、4分33秒後に演奏は終了するのだ。

楽譜もちゃんとあるというのだから驚きます。といっても、楽譜にはただ「休み」と書いてあるだけ。

ジョン・ケージとは

アメリカ合衆国出身の音楽家

作曲家、詩人、思想家、キノコ研究家。実験音楽家として、前衛芸術全体に影響を与えている。

彼の無音の楽曲「4分33秒」を実際に演奏している動画がこちら

 

 

▼2018年仮想通貨が稼げる!▼
▼▽▼↓今すぐクリック↓▼▽▼

\ SNSでシェアしよう! /

ミュージシャンの壺の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミュージシャンの壺の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 音楽の基準ピッチ「A=440Hz」が世界で争っている!?

  • 音楽がわからなくなる病気!?『失音楽症』の恐怖

  • 【発車ベル】の音楽って誰が作ってるの!?

  • 音楽は脳のご褒美!?セックスや薬物と同じ「快感」とは?

  • 音楽で拷問!?【音責め】が明らかになった!

  • 【音楽】は特殊能力だった!人間だけの特権!