1. TOP
  2. 【発車ベル】の音楽って誰が作ってるの!?

【発車ベル】の音楽って誰が作ってるの!?

音楽知識【ネタ】 この記事は約 3 分で読めます。 53 Views

田舎の発車ベルというと、単純なベル音『トゥルルルルルル・・・』というのが、一般的ですが、東京や大阪を始めとする大都会ではそれぞれの鉄道で、また同じ路線でも駅によって少しずつ発車ベル音が違います。発車ベルにメロディーを導入したのは、1988年で、新宿駅と渋谷駅で初めて採用されました。もちろん、東京にだって単純なベル音もありますが、電気的なブザーで一音とは限りません。規模の大きい駅では複数の鉄道が重なり合っているため、ベル音やメロディー音を路線ごとに変えることで、混乱を避けているのです。


都内でも大規模な新宿駅についてお話しましょう。

新宿駅には地下鉄、私鉄、JR線、各上下線合わせて、20本の鉄道が通っています。なかでもよく耳にするポピュラーなベル音(メロディー音)といえば、JR山手線、中央線、総武線ではないでしょうか。それらのベル音はJR東日本で作られていると思われがちですが、一般企業が企画して作ったものをJR側が認可して使っているのです。前述の新宿・渋谷駅でベル音にメロディーを初めて導入したのがJR東日本です。当時は、サラリーマンのイライラを解消しようという試みで、(株)ヤマハが担当していました。前述の3本の線については(株)松下電気が一挙に請け負っており、(株)テイチクと企画会議を重ね、オリジナル曲を作り出しているのです。他の鉄道と、また外回り、内回りとの区別化も考慮しています。

現在JR東日本では、

一部の駅を除いてほぼ全駅がメロディー化されており、その種類は百曲を超えます。また、蒲田駅の「蒲田行進曲」や山形駅の「花笠音頭」をはじめ、地方色を生かしたメロディー音を導入している駅もあります。駅ごとのオリジナル曲は、地元やその駅で企画されることが多いようです。

メロディー音の変更周期については、

音自体が壊れたとき、つまり放送装置が古くなったときに装置ごと曲も変えます。およそ10年に一回周期です。また、それぞれの駅長が新しくなったときにも、駅長の意見で心機一転することもあるそうです。これからも参加企業は増えるだろうし、それによって時代や流行にのった音が使われるかもしれません。坂本龍一プロデュースのベル音とか、ユニークな企画が登場すれば楽しいですね。

 

▼2018年仮想通貨が稼げる!▼
▼▽▼↓今すぐクリック↓▼▽▼

\ SNSでシェアしよう! /

ミュージシャンの壺の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミュージシャンの壺の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【坂本九】上を向いて歩こう】なぜ?スキヤキソングになったの!?

  • アフリカ「ピグミー族」人類最高の歌声とは!?

  • 思ったより少なかった!?日本の楽器人口わずか5%!?

  • 『東京音頭』『鹿児島小原良節』前奏が同じ理由があった!?

  • 【衝撃】楽譜が円周率!?宇宙的なピアノ曲とは!?

  • 10億人の若者に警告!スマホ難聴の危険とは!?